スワンベーカリー山口店
 
社会福祉法人 ほおの木会 鳴滝園
 
店舗概要 店舗概要TOP 



店舗概要  
毎日40種類以上のパンを焼いています。小鯖にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

営業時間
 夏季 AM 10:00 ~ PM 6:00
 冬季 AM 10:00 ~ PM 5:30

定休日
 日曜日・祝際日

スワンベーカリー山口店
 〒753-0212
 山口市大字下小鯖1068-2
 TEL:083-941-1180 / FAX:083-941-1183

   LINK 地図はこちら



経営主体
 社会福祉法人 ほおの木会 鳴滝園

   LINK 鳴滝園ホームページ





ごあいさつ  

「地域の中で、自分の力で働きながら、生活する」という園生の自立心をより大きく育て、また、さらに多くのみなさまに、安くておいしいパンを食べていただきたいとの思いを込め、スワンベーカリー山口店を平成14年2月22日に開店いたしました。

 イートインもでき、作業所も見えるガラス張りの明るい店内で、お値段も百円前後とお手ごろです。全商品、一品一品まごころを込めた手作りパンです。
みなさま、ぜひ一度、お立ち寄りくださいませ。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。


社会福祉法人 ほおの木会 鳴滝園 園長 岡山久代




スワンベーカリーについて  
「障がいのある人もない人も、
 共に働き、共に生きていく社会の実現」

このノーマライゼーションの理念を実現させるために故・小倉理事長がヤマト福祉財団とヤマトホールディングス株式会社と共に設立した株式会社です。

スワンベーカリー誕生の背景
日本の障がい者の数は人口の約5%、約600万人といわれています。この人達の大半は全国に6,000箇所以上ある共同作業所や小規模授産施設で働いていますが、1カ月の給料が1万円以下という低さで自立するには、ほど遠い現状です。

福祉施設の幹部職員に経営のノウハウを伝授しなければ低賃金からの脱却は望めないことを痛感した小倉前理事長は「製品」や「作品」作りではなく、一般の消費者を対象としたマーケットで売れる「製品」創りをめざしたセミナーを1996年から全国各地で開催し、意識改革に取り組んできました。

この過程で月給10万円以上支払うことを実証し、お手本を示す必要から「焼きたてのおいしいパン」店構想に着眼しました。「アンデルセン」「リトルマーメイド」を全国展開しているタカキベーカリーの高木誠一社長という良き理解者、協力者を得て、同社が独自に開発した冷凍パン生地を使えば障がい者でもパンが焼けることが分かり、さっそく実践に移しました。

1998年6月スワンベーカリー銀座店が第1号店としてオープンし現在直営店3店、チェーン店は23店をこえ、各地に展開しています。
働いている障がい者の数は、全店で273名をこえ、知的、精神、身体に障がいのある方を雇用しその7割以上が、知的障がいの方たちです。

スワンベーカリーの命名者は故・小倉理事長で、みにくいアヒルの子と思っていたら実は「白鳥=スワン」だったというデンマークの童話作家アンデルセンの作品がヒントになっています。

   LINK スワンベーカリー本部サイトより引用






スワンベーカリー山口店
(経営母体:社会福祉法人 ほおの木会 鳴滝園
〒753-0212 山口市大字下小鯖1068-2 地図
TEL 083-941-1180 / FAX 083-941-1183 e-mail:swanb-06@c-able.ne.jp  
  29800yen.com CMS5万ドットコム 山口ネットワークシステム